1. おすすめの人気な個人輸入代行サイト
  2. 胃痛の原因は鎮痛剤のボルタレン!?
  3. ストレスによる胃痛で吐き気がすることもある
  4. 胃痛で眠れない時は睡眠導入剤のメロセット
  5. 吐き気をともなう胃痛が起きた時の対処
  6. ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善
閉じる
胃痛を抱える女性

胃痛で眠れない時は睡眠導入剤のメロセット

ふだん寝付きの悪い人が胃痛などの痛みを感じている場合、痛みが気になって眠れなくなってしまうことがあります。頭痛や歯痛などであれば、痛み止めを服用することである程度痛みを抑えることができ、眠りに就く妨げも解消しますが、胃痛の場合、痛み止めを飲むことで、かえって胃が荒れてしまう心配もあります。

胃の痛み止めと共に服用できる睡眠導入剤があれば最適ということで、メロセットという睡眠導入剤が注目されています。メロセットは、有効成分としてメラトニンを含んでいるのが特徴で、胃痛をはじめさまざまな理由から、なかなか眠れないと悩む人に注目される製品となっています。

メラトニンは、身体をリラックスさせたり眠りに導いたりすることに作用するホルモンの一種で、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンが元になって生成されるセロトニンを経て、体内で分泌されます。血管内部でのメラトニンは、夜になると濃度が高まって、体温や脈拍、血圧などを低下させます。その作用によって身体が睡眠に入る準備が整ったと認識、眠りに誘われるというメカニズムとなっており、メロセットはそのメラトニンの働きを利用した睡眠導入剤となっています。

胃痛で眠れない人の場合、強い効き目を持つ一般的な睡眠剤では、服用によって胃壁がさらに荒れてしまうといった心配もあり、睡眠のリズムを整える睡眠導入剤のほうが、安心して服用できる面があります。睡眠剤では、その強い作用によって胃が荒れて吐き気が起こりやすいとも言われ、胃痛を抱えている人の場合、さらに悪化させてしまい、その影響で吐いてしまうことで、胃だけでなく食道を荒らしてしまう心配もあります。ふだん深刻な不眠症に陥っているわけではなく、痛みによって寝付きが悪いといった症状であれば、メロセットなどの睡眠導入剤によってもたらされる自然な眠気によって寝付きを良くすることで、まずは睡眠のリズムを整えて体力を回復させるほうが良く、その上で胃痛の改善を図るほうが身体への負担も軽減されます。

睡眠導入剤は使いすぎには注意する

メラトニンの作用によって身体が心地よいリラックス感に包まれ、自然な眠りに導かれることによって睡眠のリズムそのものを取り戻すことに役立つメロセットなどの睡眠導入剤ですが、やはり使いすぎることによって起こる問題点もいくつかあり、用法用量を守った服用が肝心になります。

現在ではインターネット通販などによって医師の処方がなくてもさまざまな種類の製品を入手できるという面があり、一部ではサプリメントという感覚で服用されている面もありますが、本来であれば専門の医療機関を受診して、医師の診察を受けた上で処方される製品であることから、使用に際してもそういった種類と同じような注意を払って服用するべきものとされています。特に、精神安定剤を服用している人や、妊娠している人、あるいはピルを服用中の人は主治医への相談が必要です。

メロセットには、頭痛や倦怠感、動悸やめまい、日中の強い眠気などの症状が出ることが報告されています。更年期障害の改善のためのホルモン補充療法で使われるホルモンや、ピルに含まれるエストロゲン、コーヒーやお茶などに含まれるカフェインからの作用によって、メラトニンが肝臓で分解すことを妨げられて、血中のメラトニン濃度が高まることでメロセットなどの睡眠導入剤の作用が強まり、不調が出やすくなるといった面もあります。効果が高い製品ほど依存度が高まるといった傾向もあることから、長く服用を続けていると、次第に1度に服用する量が増えてしまう心配もあります。睡眠のリズムが整えられた実感が出て来た場合は、いったん服用を止めて様子を見て、自然に眠りに就けるようであれば、身体のためにもそのまま使用を休止するという判断も大切です。

関連記事

  1. おすすめの人気な個人輸入代行サイト

  2. ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善

  3. ストレスによる胃痛で吐き気がすることもある

  4. 吐き気をともなう胃痛が起きた時の対処

  5. 胃痛の原因は鎮痛剤のボルタレン!?

ページ上部へ戻る