1. 胃痛を放置していると胃がんが悪化していることも
  2. おすすめの人気な個人輸入代行サイト
  3. 胃痛の原因は鎮痛剤のボルタレン!?
  4. ストレスによる胃痛で吐き気がすることもある
  5. 胃痛で眠れない時は睡眠導入剤のメロセット
  6. 吐き気をともなう胃痛が起きた時の対処
  7. ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善
閉じる
胃痛を抱える女性

胃痛を放置していると胃がんが悪化していることも

現代人で胃痛に悩まされている人は多いようです。もちろん、先天的に胃腸が弱いという人はいるかもしれませんが、現代では、胃痛の原因となっているのは、多くの場合は精神的な負担のようです。ただ、それだけが原因となっているわけではなく、ほかに、喫煙や睡眠不足、暴飲暴食など、生活に起因するさまざまな要因が積み重なって、気づかないうちに悪化して胃痛を引き起こすようになっているケースが多くなっているというわけです。

胃痛を引き起こすような生活環境にありながら、それを積極的に改善しようとしないため、胃痛を気づかないうちに慢性化させてしまっている人もいるようです。そうして胃痛を自分の持病と捉えてしまうと、ちょっと痛みが出たくらいでは気にしなくなり、いつものように市販の内服剤を飲んでおけばそのうちに痛みは引いていくと考えるのです。

しかし、その胃痛が単に内服剤で治まるものといった保証はどこにもありません。こういった胃痛を放置しておいて胃がんにまでなってしまったというのは、いくらでもある話です。というのは、胃がんというのが知らないうちに悪化する自覚症状のない癌でもあるからです。定期検診の胃カメラなどで知って、手術に踏み切ったというケースはよく耳にしますが、手術のタイミングが遅れてしまえば、かなり深刻な状況を生んでしまいます。ましてや、我慢できないほどの痛みに襲われ、激しい嘔吐や下血などの症状が出てから病院に赴いたのでは、すでに手術できないようになっていることだってあります。

胃がんの分け方は、早期がん、進行がん、末期がんといった分け方が一般的です。早期がんは、胃壁の一番上の粘膜層にできる癌のことです。続いて、固有筋層より深く浸潤していくと進行がんと呼ばれるようになります。そして、さらに浸潤して胃の外へと達してしまうと、全身に転移していくようになり、この状態のものを末期がんと呼んでいます。胃がんは何よりも早期発見、早期治療が大事になります。そのためには、自分の生活環境を振り返るとともに、定期検診は欠かせないこととなります。

胃がんの症状と治療方法について

胃がんの診断では、専門的にはステージという呼び方による診断がなされます。いわゆる早期がんと呼ばれるもので、胃の粘膜内にがん細胞が留まり、リンパ節へ転移していないものはIAとされ、がん細胞が胃の表面にまで達していて、転移箇所が1~2個のものをIIBとしています。

胃がんという診断を受けたなら、すぐに治療に臨まなければなりません。胃がんの治療にはさまざまな方法がとられます。その方法は、癌がどのような状況にあるか、どのステージにあるかで大体が決まりますが、患者さんの年齢や体力などを考慮しても決められます。

胃がんの治療では、切除・摘出手術が一般的になっています。切除手術の後に抗がん剤などの化学治療が行われることもあれば、まず抗がん剤治療によって癌の部分を少し小さくして、その後一気に摘出するといった方法もとられます。
胃がんの切除手術方法については、内視鏡を使って放置して癌へ進行した部分を切除する方法や、お腹に数箇所の穴を開けて、そこから手術器具を差し込んで手術する腹腔鏡手術、実際にお腹をメスで開いて患部を摘出する開腹手術などがあります。胃がんがまだ早期の状態で、ステージとしても前段階で転移も見られないようなら、内視鏡で取り除いたり、腹腔鏡で手術が行われたりします。

胃がん手術で切除する胃の大きさは、胃がんの大きさや状態によります。胃の半分を切除することもあれば、胃全体を摘出することもあります。開腹手術、腹腔鏡手術のほか、抗がん剤による化学療法も行われています。抗がん剤による治療自体も、内服剤を用いる方法、点滴によって行う方法、注射による方法などがあります。抗がん剤治療にはいろいろな障害が出ることで知られていますが、その現れ方は人それぞれです。しかし、どのような障害なのか予想もつきやすいので、対処の方法もいろいろとあります。抗がん剤での治療は、癌の増殖を抑えたり、転移、再発を抑えることを目的として行われます。

関連記事

  1. おすすめの人気な個人輸入代行サイト

  2. ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善

  3. 胃痛の原因は鎮痛剤のボルタレン!?

  4. 吐き気をともなう胃痛が起きた時の対処

  5. ストレスによる胃痛で吐き気がすることもある

  6. 胃痛で眠れない時は睡眠導入剤のメロセット

ページ上部へ戻る