1. 吐き気の原因は食中毒?ノロウイルスとO-157とは
  2. 激しい胃痛をともなうアニサキス症とは
  3. 胃痛と吐き気が出たらインフルエンザを疑おう
  4. 逆流性食道炎の薬は個人輸入でも手に入る
  5. 胃痛を放置していると胃がんが悪化していることも
  6. おすすめの人気な個人輸入代行サイト
  7. 胃痛の原因は鎮痛剤のボルタレン!?
  8. ストレスによる胃痛で吐き気がすることもある
  9. 胃痛で眠れない時は睡眠導入剤のメロセット
  10. 吐き気をともなう胃痛が起きた時の対処
  11. ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善
閉じる
胃痛を抱える女性

逆流性食道炎の薬は個人輸入でも手に入る

逆流性食道炎の治療薬は病院で診察を受けることで手に入れることが出来ます。しかし、なかなか病院を受診することが出来ない、継続して逆流性食道炎の治療薬を服用しているという場合には、個人輸入という方法で病院を受診しなくても逆流性食道炎の治療薬を購入することが出来ます。

逆流性食道炎に効果の期待することが出来る薬はいくつかのタイプがありますが、主な作用としては、逆流性食道炎の原因となる胃酸の分泌量を抑えることで、不快症状を改善させるというものが多いようです。

様々な医薬品があり、成分が同じでも先発薬か後発薬かによって異なります。医薬品のタイプによっては価格に違いがありますので、作用や価格などを考慮して購入するようにしましょう。なお、根本的に逆流性食道炎を抑えるためには、薬で胃酸の分泌量を抑えつつ、原因を根本的に解決するということが必要となります。

根本的な解決方法としては、リフレッシュすることが出来る事を見つけたり、辛いものなどの刺激物の摂取を控えるなどがあります。これらを行なうことにより、胃酸の異常分泌を抑えることが出来ます。薬だけでは、一時的に症状が改善されたとしても、再発してしまう可能性もありますので、食生活や生活習慣などを考慮する必要があるでしょう。

医薬品は安全性が高いものでも、体質などによっては体調に異変が見られる可能性はあります。病院で処方されたものでも個人輸入という形で購入したものでも、服用後に体に何らかの異常が見られた場合には、専門医に相談をするようにしましょう。また、個人輸入で購入した場合、用法や用量を正しく服用するということが大切です。

服用方法が分からないという場合もしっかりと調べ、正しい方法で服用をしましょう。ある程度の期間、服用しても症状に改善が見られないという場合には他の原因が考えられます。その際には、専門医を受診し、原因を特定した上で適切な治療を受けるようにしましょう。

病院処方よりも安価で手に入る

個人輸入で医薬品を購入するメリットとしては、病院処方で購入する場合と比べて同じ薬を安く購入することが出来るという事があります。日本では認可の受けていないジェネリック医薬品と呼ばれる後発薬を購入することも出来ますので、より安く購入することが出来ます。

個人輸入で購入するというと、手続きが面倒なのではないかと初めて利用する人は不安に感じるかもしれませんが、代行業者を利用することにより、通販感覚で利用することが出来ます。インターネットサイトは日本語に対応していますので、通販を利用して事がある人であれば、戸惑うこと無く利用することが出来るでしょう。

ただし、注意しなければならないこともあります。それが、偽物の存在です。個人輸入で日本国内に輸入された医薬品の半数程度は偽物であったという調査結果もあります。偽物を服用した場合には、効果が見られないだけではなく、様々なリスクが高まる可能性があります。安全に服用するためには、信頼することが出来る業者を利用するということでしょう。

業者の中には、偽物を販売しないように独自の成分調査を行っているところもあります。そのようなところであれば、安心して利用することが出来るでしょう。長く服用する医薬品の場合、まとめ買いすることで、より安価に購入することが出来ます。

個人輸入で医薬品を購入するのは、法律的に問題のある行為ではありませんが、あくまでも個人で利用することを目的としているものですので、輸入することが出来る数量に上限が設けられています。まとめ買いをすることで安価に購入することが出来ますが、上限以上には購入することが出来ませんので、購入をする際には注意をしましょう。

関連記事

  1. おすすめの人気な個人輸入代行サイト

  2. 胃痛で眠れない時は睡眠導入剤のメロセット

  3. 胃痛の原因は鎮痛剤のボルタレン!?

  4. ネキシウムで逆流性食道炎の症状を改善

  5. 胃痛を放置していると胃がんが悪化していることも

  6. 激しい胃痛をともなうアニサキス症とは

ページ上部へ戻る